当院では、職員一人ひとりが充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、仕事と家庭、仕事と育児の両立を図るために次のように行動計画を策定し、ここに公表いたします。

計画期間

平成30年4月1日 〜 平成35年3月31日

内 容

目標1:年次有給休暇の取得しやすい環境をつくる
対策:年次有給休暇について一人当たり年間10日以上は取得できるよう計画年次有給休暇取得の促進活動を行なう。
目標2:時間外労働を短縮し、調和のとれたワークライフバランスの実現を目指す
対策:部所ごとの適正配置、業務内容および業務分担などの改善を実施し、業務が時間内に終了できるよう、職員に対する時間外労働削減の意識啓発を図る。
目標3:育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休暇などの諸制度を周知する
対策:育児および介護制度に関するパンフレットを作成し、女性職員に制度の周知や情報提供および相談体制の整備を図る。

職員への周知方法

イントラネットへの掲載、院内広報誌

公表の方法

インターネットの利用(病院ホームページへの掲載)